ロボット魂 <SIDE ovid> ウォクス・アウラ



ROBOT魂 <SIDE ovid> ウォクス・アウラ
2012年 8月25日発売
定価 3,990円

じゃ〜じ部だまっしー
パッケージ。SIDE ovid第一弾ですな。
花をあしらった柔らかい表面と独特のラインが走る背面。
ちなみに背面のまるっなエフェクトは付属してません(泣


全身。元のデザインにかなり忠実に作られています。
色合い自体も華やかですが、全体的にパール調になっていて
独特の明るさ、質感が見た目に気持ち良いです。
ウイングも横から見るとハープの様で綺麗。

頭部。顔回りも丁寧に塗り分けられています。
ガンダム的な物に慣れていると良し悪しが評価し辛いデザインですがw

並のロボ魂よりは結構大きめのサイズです。
設定だとガンダムと同じかちょっと小さいぐらいみたいなので
多少ヒントのスケール差は気にすんなと言う所でしょうか。
ただ、個人的に実物を見ているとこのサイズで丁度良いな〜と感じます。

首関節。よく手首とかに使われてるのと同じパーツかな。
ボールジョイント+前後、または左右へのスイングが可能。

ウイングが肩と接続されていますが、一応外す事も出来ます。
どちらかと言うと破損防止のために固定されてないだけだと思うので
基本つけっぱなしで良いかと。

肩の根元はボールジョイント接続。
実はこの部分の前後への可動範囲は結構大きいです。
とは言え、ウイングが刺さってるとあまり動かせないので
割とどうでも良い部分でもはあります。

肩の前方、白い部分が若干上方に動かせます。
これを利用して腕部をある程度前方に向ける事が出来ます。

腕部の付け根は回転可能。
また、上腕も半ば辺りに回転軸が有ります。

肘に当たる部分。内側には大きく曲がります。
同時に外側にもある程度曲がります。

背中のスタビライザー(機首)は顔の前まで持ってくる事も可能。
元々は変形させるつもりだったのか、単なるお慰みなのか。

腹部は・・・ちょっとよく分からないのですが、 胸側と腰側にボールジョイント接続されていて、多少捻ったり出来ます。
腹の前後が分割されていて、捻る時にちょっと開いたりもします。

股の開き位はこの辺りが限界。
大股開きにする事は実際あんまり無いですが、心情的に物足りない感じ。

股間アップのドスケベ画像。
股の接続はシンプルなダブルボールジョイント。
もうちょっと凝った仕組みに出来なかったのかしらねぇ。

膝の上側と下側に関節が有り、大きく曲げられます。
膝の出っ張りとスネのラインが繋がっているので自然と正座っぽい形になります。

つま先の辺り。
カカト側、つま先側がそれぞれボールジョイント接続ですが、
可動範囲はさほどでもないので、ちょっとしたバランス調整用と言えます。
立つ時は主にヒール部分とつま先の角度調整次第になります。

変形は出来ないのですが、ある程度それに近い方向には持って行けます。
と言うか、ウイングに可動軸つけて腹をたためればほぼ成立すると思うのですが
どうしても変形させられない理由が有ったんでしょうかね。

専用の魂stageが付属しています。
台座部分にはメモリアが印刷されています。

手伝ってやろうか?ただし、真っ二つだぞ

まるっな手首が左右分付属しています。
デンデを狙うフリーザの真似など、多目的に利用出来ます(???

まるっの他に開き手が二種類、それぞれ左右分有ります。

武装を取り付ける時は、腕部のカバーを取り外します。
このカバー、一応左右で形違うので間違った方を付けない様に注意。

亜空ソード「プロムス」及び、亜空シールド「イテム」
ソードの方は刀身もキラキラしててなかなか綺麗。
シールドは板から丸く切り出した物そのままと言う感じで
ちょっと有難み薄いかも。

武器のイメージ的にちょっと絡ませてみた。
出会ったらすぐ意気投合しそうだけど。

お約束だからね。シカタナイネ。

武器振り回してるイメージはあんまり合わないかもね〜

まるっ

以上、VOX AURA〜魔竜院光牙最後の闘い〜でした(何か違う
見た目的にはこれ以上ってのは中々無いんじゃないかと言う出来で
デザインが大好き、ラグランジェのグッズ欲しい!と言う作品ファンの
コレクションとしては良い物になっていると思います。


一方、可動範囲等は、頑張っている事は伝わるものの、他商品と比べて
それほど面白味があるわけでもなく、ちょっと弄ったら改善するであろう
部分も散見され、また変形形態も重視したデザインであるはずなのに
これっぽっちも変形させる気が無い所などは玩具としては気になります。
変形しない代わりにウォーリア形態を最も美しく仕上げた完成品、と言うコンセプトなのかも知れませんが
あとほんのちょっとぐらい必要な個所弄って変形出来るようにしても良かったと思います。
見た目がどうしても・・・と言う部分は差し替えと言う方法もあるでしょうし。
ただ、3990円と言うのは最近の同社の商品や、この商品のボリュームから言っても
大分安く抑えてる所だと思うので、金額とのトレードオフになったのかとも思えます。
変形出来る代わりに5775円になる、と言われると、なら買わない、と言う意見も出て来るかも知れません。
その辺り、どっちが良いかは一概には言えないでしょうね。担当者レベルで覆せる話でもないですし。
幸い、リボルテックが別仕様で出ているので、ウォーリア形態の造形重視ならロボ魂。
両形態合わせて遊びたいならリボルテックと、住み分けは出来ている感じです。
(企画段階で織り込み済みなのかも知れませんが・・・)


とまあそんな所ですね。生粋のファンでなくても、見た目買いしても良いぐらい
独特の美しさもある商品かと思います。この商品に関しては、中身の事はあまり考えず
見た目で購入するか否か判断するのが良いのではないかと思います。
ではでは、次はリンファかイグニスなんかで。

web拍手 by FC2
関連商品
ROBOT魂 [SIDE ovid] ウォクス・アウラ(amazon)
ROBOT魂シリーズ (amazon)


back
last update:12/08/27